たまうさぎ

eture.exblog.jp
ブログトップ

超能力者

カン・ドンウォンの目頭が好きで、と友達に言ったら笑われました。
見るところが細かすぎる!と。

ソン・ガンホと共演の「義兄弟」がとてもツボだったので
「超能力者」借りてみました。

超能力者 スペシャル・エディション [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



カン・ドンウォンは目で人を操り命まで奪えるという特殊能力があり
幼少時、将来を悲観した母親に殺されそうになる、
という可哀想な怪物なのです。
人を操りお金を盗みながら誰ともかかわらず生きていたのですが
彼の能力が効かない男に出会ってしまう。
そして正義感の塊の男と対決することになってしまう。

カンドンウォンは「そっとしておいてくれたら誰も傷つかないのに
お前が俺を罰しようとするから他人が巻き添えを食って死んでいくんだ
何でわからない?」と。
確かにそうだよねー。
でも主人公はそんな逡巡はまるでせず、ただひたすらに正義を貫きます。
で、ばんばん人が死んでいく。

この映画にそんな主人公に対する皮肉な批判精神はあるのかないのか。
よくわかなかったんですが。

で、目頭がぐぐっと下がり、切れ長で、背がひょろ高く少し薄気味悪い、
ザ・ナイーブな、日本の俳優で言うと綾野剛によく似ている(もっと男前だが)
その彼が、悲しいモンスターを演じるとですね

ハマりすぎて面白くない

というのが一番の感想です。
初の悪役だったらしいんですけど。顔立ちは悪役向きですよね。
もうちょっと天真爛漫顔の俳優が、異様な役を演じた方が面白いです。

私はギャップ萌えなのですよ。。
[PR]
by kokiti01 | 2013-01-21 15:40 | 映画・ドラマ