たまうさぎ

eture.exblog.jp
ブログトップ

兎丸無念

感想アップがすっかりずれてきています。明日日曜じゃん。
先週お義父さんが亡くなって(老衰で)、お通夜お葬式その後で潰れ
今週は疲労でぐったり。
ちびの学校プリントも読まず、昨日歯科検診だったのに
すっかり忘れてて歯ブラシ持たさなかった。。
あーー。悪いことしたなー、さぞかしハジかいただろう。
と思いきや、
「10人くらい忘れて来とった」とのこと。
ぼーーっとしてるお母さん仲間がたくさんいた!



兎丸、いいキャラだったと思うんですよ。
いっつも本質をついたセリフでね。
「いつまで一騎打ちなんかやっとんねんアホちゃうかー!」とか
「頭領がアホやと一門みんなアホになんねんな」とか。

清盛にもずっとタメ口で、エライ人(頼長)の前に出てもふてくされた態度。
いっけんありえん設定のようですが、身分外の人は人間ではなく
別に平伏しなくてもいい。というか平伏するような存在ではないという考え方はあったようです。
江戸時代、駕籠かきはえらい人のお屋敷の中でも立ったままとか。

ただね。
私関西人なんで、加藤の関西弁のイントネーション
ぜんっぶ反対なのが、気になってしょうがなかったんです。
今回は出番が多かったんで、もー気になって気になって、しょーーーがなかったんです。

だから兎丸の無念が、伝わりにくかったんですー。
ごめんなさい。


清盛が、兎丸の遺体から羽をむしり取って、
無言でかき抱くシーン、心を打たれました。
セリフも、泣きもなかったことで、悲痛さが余計につのりました。

平家のお庭に現れたカムロたちが、(人殺しをしたのに)きらきらと嬉しそうで
褒めてもらえると思い込んでるところがたまらなくって。。
子供は罪悪感を知らないので、こういう役目に使ってはいけないのだ。
兎丸の言ったとおり、怪物を作ってしまった清盛と時忠は苦い思いをかみしめる。。

ということで、大変印象深かったカムローズですが、
弁慶義経のシーンで、登場してささーーっと逃げてったのは、なんだったんでしょうね。
意味がわかんなかったんだけど。
[PR]
by kokiti01 | 2012-10-13 04:46 | 映画・ドラマ