たまうさぎ

eture.exblog.jp
ブログトップ

一騎打ち・・・

二条帝はお顔がやさしげでうつくしくて、女装シーンはさぞや・・・と期待していたのに
あれ?!あんまりかわいくないですね。




この子ずいぶん前から声高いことに違和感あったんですけど、
もう声変わりどうこうという年頃ではないですよね。
こんな男性もいるのね。
私のほうがずっと野太いぜ。

そして声といえば、重盛。
アンニュイキャラで、兜の下の貌はまるきり少年ですが、意外と声がステキ。
「かかれーっ!!」「ひけーっ」
怒声が、低くないわりに、いい具合に割れるのですねえ。
これから数々のキヨモリとの喧嘩でたくさん聞けるのかしらこの声。うっとり。

悪い公家の、ちっさい方の人。ちとすごくなかったですか?
やりすぎる人は基本好きなんだけど、これではまるで新喜劇。
この人は普段好きなんですよ。名前覚えてないけど。
風林火山とか、出てましたよねたしか。とてもいい味出してて、かわいかったです。
演出の指示なのかなあ。
このコント仕立てのおかげで帝たちの救出劇の緊張感がなくなってしまいました。
かなりスリリングで面白いシーンになったはずなんですが。

平治の乱がとても簡単なかんじになってしまいました。

保元、平治の乱ってたしか、日本史の転換点ですよね?

ムサノヨニナリニケル

とても簡単に。。


平清盛 第27回「宿命の対決」!!

三千の兵が矢をつがえ、いっせいにびゅっ!
バタバタ倒れる源氏。

またびゅっ!!
バタバタ

これからどんな激しい合戦に突入するのかと、私はどきどきわくわく

そして一騎打ちに誘うヨシトモ、受けて立つキヨモリ。

誰もいない河原へと。

えーーーっ!

つかまえてごら~ん ウフフフ アハハハ

三千の兵はただ矢を放つだけに終わった。
渡河せず、敵とまみえず、馬も走らず。
人馬いりみだれての合戦は?組み討ちは?

迫力まるでなし。

そして主人公と宿命のライバルの一騎打ちへ。
少年漫画全開。

ロケしてんのに、ひろーい川で、ロケしてんのに。

なんでじゃ~?!

NHKの演出はたまに力の入れどことを大はずしする。
今回はスイーツ大河要素が非常に勝っていた回でした。

なので今回の見どころは、「重盛の怒声」と
「東国の武士たちが内裏にウヨウヨ その東夷感が生理的にイヤ!!ムリ!!」
というのが面白かったです。

こういう、時代性を感じさせてくれるシーンが好きです。
そりゃ平氏のほうがお行儀よくて受け入れやすいだろ。
平氏の人たち、字もキレイだし。(清盛、頼盛の字、超絶にキレイでした)
21世紀の少年漫画より、平安時代の雰囲気が見たいよ~。
[PR]
by kokiti01 | 2012-07-09 10:38 | 映画・ドラマ