たまうさぎ

eture.exblog.jp
ブログトップ

平清盛ふたたび

すみません、今回も大河ネタで失礼します。

今年の大河、評判悪いけど、主人公はいまいちだけど私は面白いー
と書いたばかりの放送、第15回「嵐の中の一門」
大河は役者の力演があればそれでいい、楽しい、
こんな私でもこれはあまりに・・・と思うお話でした。

死んだ息子の死を嘆く母・和久井映見のセリフ
「家盛はその志のために死んだのですから」
Why?家盛は病気で死んだでしょ?

大注目の悪左府山本耕史
「なにもかも結ばれた仲」発言は必要か?下品すぎないか?
恐ろしいまでの気品、それがあってこその邪悪さだったのに
いらんセリフで一気にキャラの格が下がった~。

左大臣に息子を愚弄されて大暴れする父・中井貴一に
殴る蹴るの暴行を受けて
それでも自らの血を曼荼羅の菩薩?如来?の唇にさす清盛。
それはいいとして、
あんなに緻密に描かれた、絵師渾身の曼荼羅に、だらだら血をこぼしてるんですけど。。
血のシミってとるの大変よ?紙?絹?どっちにしてもじゃぶじゃぶ洗えないのよ??

そしてまた登場、その清盛の真心を見た母・和久井映見
「家盛が兄上によろしくというておる」
はあ?
言うてますか?
さっぱり意味がわからん~。
和久井映見ちゃんにおかしなセリフを言わせないで!
ただ清盛の額の血を無言で拭いてやる・・・とかで十分伝わるシーンだと思いますよ。

なんだか大好きな役者さんたちの演技が、変なセリフであわわわ恥ずかしい・・・ことになってしまって
役者の演技だけをよりどころにしている私としては何を見ればいいのかわからない回でした。

非情に欲求不満が残って、夜更かしして録画した過去の放送をじっくり見てしまいました。
ああ、やっぱり藤原摂関家のシーンが一番心躍るの。
名優國村隼さんのパパ、
お公家さんが日本一似合う(中井貴一談)山本耕史の影にかすんでしまいがちだけど
堀部くんの忠通さまもいいよー。
いっつも不機嫌そうで、いっつも人をにらみつけるあのギロっ!がいい。
表情を変えないことを武器にしているお父様や弟と違って感情をストレートに表現するお兄様。
造作が大きくて立体的で。決して公家にはいなさそうなお顔立ちなんですけどね。

対して山本耕史は完ぺきな卵型なんですね。
つるーんとしたたまごに鼻がついているだけ。
どこもへこんでない、まさにテルマエ・ロマエの平たい顔族代表美男。
置き眉してても男前でいられる役者さんって少ない。
大柄な体にふんわり装束がとってもよく映えるし。
ファンになってしまうかも、と他の画像を見てみると、やっぱり今のかっこしてる彼の顔はゴム人形みたい。。
うすい前髪をたらしている髪型も気になる。。ハゲかけてるの?

というわけで、明日の第16回が楽しみなような、怖いような。
このままだだーっと矛盾だらけの話に疲労感を増していくことになるのか。
「北条時宗」の時の中だるみがすごかったのを思いだします。
あの時も強烈キャラ・北村くんの頼綱だけを楽しみに一年間我慢しましたからね。
悪左府が死んだらつまんなくなりそーだな。
[PR]
by kokiti01 | 2012-04-21 11:58 | 映画・ドラマ