たまうさぎ

eture.exblog.jp
ブログトップ

ガンツ

40代レンタルコミックにはまる。

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)

奥 浩哉 / 集英社



きっかけは、レンタルコミック店で嵐の二宮くんと、松山ケンイチの写真が目に入って。
映画化されて来年公開されるらしいです。
「お、好きな顔ふたりが揃っておる」
と1冊手にとって開けて見ると、銃を持ちSF的全身タイツを着たかっこいい男女たちが、
桑原和男、山田スミ子、花紀京、と吉本新喜劇の重鎮たちの名で呼ばれている場面が。
最強の男は岡八郎。

このセンス、気に入った!と借りてみることにしました。

なぜかわからないけど、サバイバルゲームのような世界に人間が放り込まれてしまって
その都度違う敵と本気で戦って、勝たないと生きて戻れない。というお話です。

きついのが、感情移入していたキャラクターがばっさりと殺されてしまうとこ。
10代の若者のようにみずみずしく動揺してしまう自分にびっくり。

怪我に苦痛は伴うのに時間がくるとリセットされる。
それもグロくポンポンと手が飛ぶ脚が飛ぶ。ぐっちゃぐっちゃと。
大量出血。
なのにゲームのようにリセットされて
何度でも呼ばれてたたかわされる。
毎日腸を喰われ続ける罰を受けるプロメテウス?地獄?

グログロはまあなんとかクリア。
青年誌的サービスショット満載でおばさんはちょっと食傷。巨乳ばっかりなのよ!
敵のなんとか星人の設定やらデザインが全くふざけているので
この作者に本気でついて行っていいのか途中考えたりもしつつ。
主人公のどこか投げやりないい加減な男の子の
驚くほどの精神の成長の描写がとってもきめ細やかで心地よい。

面白いのでどんどん借りて20数巻まで読んだんですけど、
ちゃんとオチ考えてくれてるんでしょうね?
と感ぐったりもして。
腑に落ちるオチがきれーいにないといやなんです私。
だから浦沢直樹あんまり好きじゃない。

なんとなく、主演は二宮くんというより山田孝之くんのがいいなと思いました。
二宮くんの顔は好きなんだけど、不屈の不死身のサバイバル主人公というかんじがしない。
山田くんなら手がとれても脚が溶けても、生き残ってくれそうな顔してる。
と思ってたら別の役で出演していました。
原作にない役だそうです。なんやそれ。この話にそんな役必要なんか?

それにしても、花紀京、山田スミ子という結構なページ数を割いていたギャグ、
青年誌読者の購読層は20代30代ではないのか?誰も知らないんじゃ。。
何割の彼らがすんなり笑えたのかな?
[PR]
by kokiti01 | 2010-09-22 16:29 | 読書