たまうさぎ

eture.exblog.jp
ブログトップ

洗いものテクニック考

整理整頓が一番苦手な私ですけど、洗い物は2番目かもしれません。
すっきりしたシンクなんて我が家ではなかなかお目にかかれないのですよ。



だんなの実家にて、
お姑さんはちょっとでもシンクに食器があると、すかさず洗ってしまうので
あとでまとめて洗おうと置いていた私は冷や汗をかくことに。
2,3個で洗うことないのに・・・と思っていたのですが
今となっては本当に正しい方法だと思います。
少しの量を洗った方が気分が楽です。
ためてしまうと余計とりかかるのが億劫になってどんどん汚れた食器の山を築いてしまうのです。

なのでまめに洗おうと思ってはいるのですが
どうにも体がだるくてどーーしてもやる気が出ない日が多いので
私は効率的なサボり方を考えました。(効率的ということはないだろう)

木のもの、陶器、継ぎ目のあるもの、小さいものだけは洗う。
あとは元気のある時でいいからそれだけ頑張れ。


お恥ずかしながら・・・私は木のしゃもじや、すりこぎなど、すべて一部真黒にさせてしまっています。これってカビ?
水気に長時間さらしていたわけですから当然の結果よねー。
陶器も継ぎ目のある調理器具なんかも汚れた水がしみ込みます。
小さいフォークなどは排水口に入ってゴミにまみれます。
お気に入りの18世紀の銀のスプーンをほったらかして何かと反応して真黒になったことも。
ガラスや磁器はその点気軽なので後回しでオッケー。

こんな基本的なことに40過ぎてから気がつくというのがなんとも。
20代から主婦なのにねー。


続いて洗い桶

洗い桶は20代のころも持っていました。
でっかかったので場所をとって邪魔だとしか思えず
ベランダで土を混ぜる容器へと転用しました。

でもお友達の家で(彼女の家の中はモノが少なくてすっきりとしている)
楕円形の洗い桶の中に食器をつけてるのを見て
私もまた使ってみようかなと去年購入しました。

まず油汚れをささっと拭いて水で流す。
洗い桶に水をはって洗剤をいれ、食器をつける。
しばらく置いてから流水ですすぐ。
スポンジを泡だらけにしなくても汚れは十分落ちるんですねー。
しかもすすぎがとても楽。だから節水。

洗い桶ってすばらしい!!

しかし最近洗剤を固形石鹸に変えたので、どう水に溶かしたらいいのかよくわかんなくて
スポンジ泡だらけ方式に戻ってしまいました。
今、主に洗い桶を使うのはすすぎの時です。

洗い桶に泡だらけにした食器を積んでいって、蛇口の下に洗い桶をおき
流水ですすぐと洗い桶に水がたまっていって
全部の食器が流水につかって泡が流れてすすぎが楽。だから節水。
(ちょっと食器から離れた汚れが浮いてきますがまあすすぐのでいいだろうと)


私こんなことも考えず、ひとつひとつの食器に洗剤と水をじゃぶじゃぶ使ってたんですよね。
なんじゅうねんも・・・。

洗い桶さんありがとう。

でもどっちゃり洗い物を溜めてしまうとどっちみち洗い桶使えないのよね・・・。



引き出しに充満していた手ぬぐいと台拭きを取り出してカゴに入れてみました。

f0037214_8275678.jpg


一緒に収納していた古い台拭きや、気に入ってなかったもらいもののハンディタオルは
雑巾用におろしました。
思いきって整理すると数が減りますね。いっぱいあっても仕方ないもんね。
ピンクの台拭きが色彩としてちょっと邪魔だな。
後ろの赤は三角巾です。めったに使わないけど大好きなリバティで作ったので捨てられない。
出しておけば使う機会も増えるかと。
赤も邪魔な色彩だけど。

空いた引き出しにはあっちこっちに出ている食品を入れよう。
じわじわと台所整理中です。
[PR]
by kokiti01 | 2010-04-11 08:36 | 暮らし