たまうさぎ

eture.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

中外抄と富家語

「新日本古典文学大系32」という本を借りてみました。
こんなん読むの初めてだな。
「中外抄」中原師元と「富家語」高階仲行という人たちが書いた、
忠実パパ(國村準さん)の言談の記録だそうです。
「富家語」はふけご。パパふけ殿って呼ばれてたんだって。

More
[PR]
by kokiti01 | 2012-05-29 16:49 | 読書 | Comments(0)

保元の乱なのに

暗闇にぼうっと浮かぶ、塚地の白くむくんだ大きなお顔が印象的でした。


べっっっくりしました。
清盛、「保元の乱」視聴率最低だったそうです。10%強。
ほえええええ~。
だって、面白かったよ~。

More
[PR]
by kokiti01 | 2012-05-28 12:29 | 映画・ドラマ | Comments(2)

清盛人格分裂

平氏の値段を吊り上げるのじゃっ

所領ですか官位ですか?

More
[PR]
by kokiti01 | 2012-05-23 10:36 | 映画・ドラマ | Comments(2)

ばらばらばら~

うっとりしあわせな5月です。

我が家で古参のスキャボローフェアー いい匂い~
f0037214_931571.jpg



去年仲間入りしたパナシェ ドゥ リヨン
絞りのある品種ということだったのですが、6輪中1輪だけが出ました!
f0037214_9321811.jpg



我が家で2回目の春をむかえるオールドローズたち。
全員 つんとした香水みたいな香り。
アルバ マキシマ
f0037214_9351855.jpg

デュシェス ドゥ モンテベロー
f0037214_9372730.jpg

カトルセゾン ブラン ムソー
f0037214_938447.jpg

首筋わしわし
f0037214_9383426.jpg

この人たちは暑さが苦手。6月からどんどんハゲハゲになります。


近所の小さな店で買った小さな苗でしたが、でっかい花を1輪だけ付けました。
切花品種で有名なイヴ ピアッチェ
さすが切花、1週間は余裕で咲いてました。他の花は3日くらい。
f0037214_940935.jpg


可憐な小さな一重だけど、大人っぽいワインカラーが素敵。
パルフェ タムール(ワインの名前らしいです)
f0037214_9422582.jpg



大きくなりすぎるという噂なので、何年も諦めてたけど
どうしても間近で見たくなったポールズ ヒマラヤン ムスク
f0037214_9462366.jpg

最高に可愛いです。うちのしょーもないベランダにも景色をつくってくれます。
スキャボローフェアーと似たふっくら良い香り。


咲き揃ってみると、なんかピンクばっかりやな・・・と思って
ついネットでアプリコットカラーの品種など探してしまう私。
どこに置くねんな。
[PR]
by kokiti01 | 2012-05-23 09:48 | 園芸 | Comments(2)

時代劇限定ファン

あ~あ6月3日ですって~、
6月3日で、頼長死ぬんですって~
この先も、濃いー悪役たちが出てきてくれそうですが、やっぱり頼長の喪失感は大きいわ。。

More
[PR]
by kokiti01 | 2012-05-18 14:42 | 映画・ドラマ | Comments(2)

キャスティングは絶妙

頼長さま、先週左目が充血して真っ赤でした。
妻を亡くして、寝ずに経を読んでました感があって、これはこれでいいと思ってたんだけど
あら今週も真っ赤だわ。
スタジオにもうもうと撒かれているコーンスターチにやられたのでしょうな。

More
[PR]
by kokiti01 | 2012-05-16 22:50 | 映画・ドラマ | Comments(4)

オーバーアクトなひとびと

平キヨモリ、
来週の予告は「鳥羽院の遺言」でした。
そうか、鳥羽ちゃん、ついにお亡くなりになられるのか。
もう三上博史オン・ステージも見おさめか~。。寂しいな。

More
[PR]
by kokiti01 | 2012-05-09 23:09 | 映画・ドラマ | Comments(4)

さようなら

たまが逝ってしまいました。
GW直前の4月27日午前9時45分に、1分間ほどばたばたっと暴れて
倒れてそのまま息をひきとりました。

9歳だったので、大往生に近かったかと思います。
覚悟はしていたし、たまが苦しんだ時間が短かったので、
私はほっとしたような気持ちでした。

翌日、火葬場にたまを持っていくと、とても綺麗な施設で、
きちんとした職員さんが迎えてくれて、
お焼香をするところもあって、最後のお別れの時間も設けてくれました。

いよいよ扉の向こうにたまが行ってしまう
というところで、死んだ瞬間よりたくさんたくさん、涙が落ちてしまいました。

死体でも側にいたら哀しくなかったというか。。


たまを飼い始めて2年くらい、手をかけすぎるほどちやほやして暮らしてました。
ちびが生まれてからは、とてもたまと遊ぶ時間なんかなくて
とにかくエサと掃除だけ、という状態が長く続きました。
ちびが自分の世界を持ち始めると、私はやっとたまのことを思い出した。
というかんじでした。

でも、自分の体調が悪くなるとまたほったらかしの日々。。

うさぎは、犬や猫のように人間の愛情をひっきりなしに求めたりはしません。
ハムスターほどじゃないけど、クールな動物です。
たまは特に神経質で、抱っこなんか絶対にさせませんでした。
でも頭をなでられるのが大好きでした。
そーっと手を近づけて、額をゆっくり撫でてやると、
後ろ足をたたんでちょこんと座ってじーっとしていました。
私はその時間が大好きでした。
もっとたくさん撫でたかった。

晩年の写真。美人。
f0037214_1319252.jpg

爪切りははがい締めで(すまぬ)
f0037214_13192993.jpg

ちびが初めて撫でることができた日
f0037214_13194389.jpg

床にぺたーっとなるのが好きでした
f0037214_132001.jpg

ふかふか

f0037214_13201419.jpg

[PR]
by kokiti01 | 2012-05-07 13:20 | その他 | Comments(0)