たまうさぎ

eture.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

子供エプロン

ちびの小学校の終業式前、(あ、2学期制だから終業とはいわないのか)
「最終週に給食当番の児童は、エプロンと三角巾を持ってきてください」
とお知らせプリントに書いてありましたが、夏休み前も給食当番には当たってなくて
なんとなく今回ものんびりしていたら、ばっちり当たっていた。
保育園の時は赤ちゃんの時に作った前掛けを
年長クラスになっても金太郎さんのようにちょんちょんで着せていましたが、
さすがにそういうわけにいかず。
「大人用でもかまいません」とのことでしたが、実は大人用もなく。。
私のエプロンを作る予定で買っていた布でちびのエプロンを作りました。

持っていく前日の夜8時ごろから構想を練り、風呂から出てきたちびを手招きして
布を切っては胸にあて、布を切っては腰にまわし、と適当に裁断。
裁断してから縫う順序を考えて、えーと、スカート部分をまず三折りでダーー
ベルトは二重にしてスカートをはさんでダーー
胸当てはやはり二重で、襟ぐりにあたる上部にカーブを作って、紐をはさんでダーー
そして胸あてと紐をベルトにはさんで、ここだけは神経を使ってそろそろ・・・と縫いました。

f0037214_143882.jpg

モアレってますが、白地に青のストライプです。

f0037214_1435931.jpg


紐はこないだガーゼケットを作った時の残ったバイアステープがばっちり合ったので
めっちゃ嬉しかった。
嬉しい?
そんな言葉ではとても足りない!快感といってもいい!
捨てるに捨てられない洋裁資材。
収納先生は捨てろ捨てろと言いますが、たまにこういうミラクル?があるから捨てられないの。

翌朝、ちびが起きてきてから着せて見て、スナップボタンをつけて出来上がり。
ボタンホールは時間がなかったからね。。

意外と可愛く出来たから、本人に布をあてて裁断・・・というのはなかなかいいなあと思いました。
エプロン限定だけど。
朝ドラ カーネーションのヒロインみたいで楽しかった。
のびのび出来ました。
型紙を置いて糸印つけて、神経つかってジョキ・・ジョキ・・と裁断してると、
それだけで疲れちゃってやる気がなくなる私。
やる気なくしてうっちゃらかして数年。
そんな残骸が一体いくつあるかー!


布 : CHECK&STRIPE  海のストライプ
[PR]
by kokiti01 | 2011-12-27 01:47 | 縫い物 : こもの | Comments(0)

ギャザースカート

可愛い!と飛びついて買ったリバティ ウィルトシャーのピンクですが
夕暮れのような色合いで、顔の近くにあると40代のくすみを際立たせることがわかって
スカートにしました。

それをはいて宮島に行ってきました。

f0037214_1335246.jpg

なまこと触れ合うちび
8月に新装オープンしたみやじマリン。小さいですが、ベンチが多くて居心地のよい水族館でした。

f0037214_1336048.jpg

シカと触れ合うちび
f0037214_13363785.jpg

ちょっとうさぎに似てるね

f0037214_13375791.jpg

2匹のシカにハムハム食べられた新調したスカート。べっとり濡れてるのがわかるでしょうか。

f0037214_13394784.jpg

着用画像 私、ぽっちゃりしたのがわかるでしょうか。。
パートやめてから3カ月で3キロ太りました。


長さ130センチ、幅110センチの布を半分に切って、上を1センチ3センチで折ってゴムを通し
裾を3センチ3センチの三つ折りにしました。
30分でソーイング。
ちょっと感動・・・。

でもベルト部分がぶくぶくで、お腹にホース巻いてるみたいです。
幅いっぱい使ってギャザースカートにしました、という記事をいくつか読んだのでやってみたんですが。

おかしいな。

ほんとにこんなんでいいのかな。

いやきっと、みなさんは切り替えを作ってスッキリつくってるんだろうな。

お腹のホース
f0037214_13402624.jpg

[PR]
by kokiti01 | 2011-12-16 13:43 | 縫い物 | Comments(2)

ベランダ春支度 その二 (オールドローズに向かないベランダ)

バラは現在5鉢あります。
四季咲きのピンクのバラ、スカボローフェアとソフィーズパーペチュアル。
春咲きのオールドローズの
アルバ・マキシマ、デュシェスドゥモンテベロ、カトルセゾンブランムソー。

貴重なベランダのスペースを、なぜ春しか咲かないオールドローズ3種に裂いたかというと、
葉っぱや枝ぶりが美しいらしい、花は一時期でも、観葉植物として楽しめばと思ったから。
現代バラはあんまり葉っぱと樹形が面白くないんですよねー。
(ソフィーズパーペチュアルはオールドですが、樹形も性質もほぼモダンローズと一緒です)

そして実際、たしかにオールドローズたちは赤みのない葉と、半分つるのような細い枝ぶりが美しかった。
三種三様の丸みや色合いやギザギザのある葉がわさわさ茂って、
私はうっとりといつまででも眺めていました。

最初に異変があったのは、カトルセゾンブランムソー。
ちょっと暑くなってくると、どさっと葉をちらしてハゲハゲになりました。まだ5月よ5月。
ひとつだけ咲いたと思ったら、ティッシュを丸めて汚れをふいたようなのだった。。
ちなみになぜカトルセゾン(四季)という名がついているかというと、秋にも咲くことがあるんだそうです。
でもうちの四季咲き白モスちゃんは、ハゲハゲを通しました。

次にたおやかな枝ぶりと丸い小さな葉が愛らしい、デュシェスドゥモンテベロ。
蕾を20個くらいつけてくれて、超絶に美しいピンクの花を咲かせるらしいので心臓バクバクだったのに、
うどん粉病に蕾をやられ、1個咲きかけたところで全部落ちました。全部っ!!

最後に強健という噂のアルバローズ、アルバマキシマさんは、よくのびて広がるだけ広がって
花はちょぼちょぼでした。形も変だったし。
気温が高いと綺麗に咲かないみたい。

結局夏が終わるころにはすべてのオールドローズがハゲになっちゃって。
きれいな花は1個も見られなくて。

秋になって10月半ばくらいからちょっと元気を取り戻して、
新しい葉をつけましたが、
アルバマキシマだけは、寒さが苦手なのか枝咲きにちょろっとだけ葉っぱをだして
あとはだんまりを決め込みました。

f0037214_1345434.jpg

全くやる気を見せないアルバ・マキシマ
暑いの苦手、寒いのもイヤって・・・

f0037214_1354883.jpg

今頃になって調子のいいモンテベロ。葉っぱツヤツヤ

f0037214_1363588.jpg

冬なのに、まだ新芽を展開しようとしているカトルセゾンブランムソー。
よっぽど寒いのが好きなのだね。。



西日本の平地のベランダではオールドローズをきれいに維持するのは無理っぽい。。
と思いつつも、今年また注文してしまいました。

長年の憧れだったけど、でっかくなるぞーでっかくなるぞーっ(10M)て
どの本にも書いてあるから諦めていたポールズヒマラヤンムスク。
もっとも美しいランブラーローズ、なんですって。
長尺苗送料無料で2500円!というのを見つけて、勢いで買いました。
(バラ苗は送料がばかにならない。だいたい1000円くらいする)
長尺ということは、下手な私でなくて、業者さんがその長さまで仕立ててくれているので、
春には必ず咲くであろう。
咲いてから夏の暑さでハゲて、枯れても仕方ない。
1回だけでもポールズヒマラヤンを間近で見たい~!!
[PR]
by kokiti01 | 2011-12-07 16:26 | 園芸 | Comments(0)

ベランダ春支度 その一(バラの種まき)

バラの種を初めて蒔きました。
うっかり花柄をひとつ摘み忘れていたバラに、赤い実がつきました。去年。
それをずーーーーーっとつけっぱなしにしてて、今年の春夏をやりすごし
最近になって蒔いてみる気になって実をカットすると、生きていそうなのが4つありました。

f0037214_12365684.jpg


この花の種ですが、バラはうんざりするほど交配されているので
どの先祖の遺伝が強く出るのか未知数で、
どんな顔の子が生まれるのかわかりません。
楽しみ~。

f0037214_12374433.jpg

スカボローフェア
強健で、しょっちゅう咲いてくれて、香りもいいです


でもバラの発芽率は25%だそうです。低っ。
ひとつもでないかもしれないなあ。
上手くいけば、来春にひとつは芽を出してくれるはず。。

f0037214_12393879.jpg

弁当箱のあまりのフィット感に笑います。
[PR]
by kokiti01 | 2011-12-02 12:43 | 園芸 | Comments(0)