たまうさぎ

eture.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:読書( 18 )

母がしんどい

新聞の書評に載ってたので図書館に予約いれましたら
何十人も予約が入っててすごく待ちました。話題の本なんですね。

母がしんどい

田房 永子 / 新人物往来社


絵がすごい簡単なタッチで、子供の絵本みたいですが
この絵柄で支配的でエキセントリックな母親との確執を描いてるのって
かえって迫力。。
角材振り回して追ってくる母親のシーンがめちゃくちゃ怖い。

感情が巻き込まれてしまいました。

More
[PR]
by kokiti01 | 2013-06-10 09:33 | 読書 | Comments(0)

「双調平家物語」7~8巻あたり

橋本治「双調平家物語」を読みました。
1巻からだと中国の話からスタートするらしいので、ズルをして保元の乱前あたりから読みました。
それが7巻。

どういう内容かといいますと
「男子を持つならば、見目よい者がよい。能でもない。才でもない。力でもなく勇でもない。知でもない。哀れが映える美貌がよい。さらにその上に、滑らかな声と艶やかな肌と、丸やかなる臀を持つ者がよい。勢ある人の寵を得て、娘以上に家を潤す。」
という巻でした。

More
[PR]
by kokiti01 | 2012-10-08 23:38 | 読書 | Comments(2)

「権記」と「台記」

藤原行成という人が書いた日記「権記」(ごんき)現代語訳というのがあったので
(なんと上中下3巻だ)
上巻だけ読んでみました。

More
[PR]
by kokiti01 | 2012-06-21 01:24 | 読書 | Comments(0)

中外抄と富家語

「新日本古典文学大系32」という本を借りてみました。
こんなん読むの初めてだな。
「中外抄」中原師元と「富家語」高階仲行という人たちが書いた、
忠実パパ(國村準さん)の言談の記録だそうです。
「富家語」はふけご。パパふけ殿って呼ばれてたんだって。

More
[PR]
by kokiti01 | 2012-05-29 16:49 | 読書 | Comments(0)

ガンツ

40代レンタルコミックにはまる。

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)

奥 浩哉 / 集英社



きっかけは、レンタルコミック店で嵐の二宮くんと、松山ケンイチの写真が目に入って。
映画化されて来年公開されるらしいです。
「お、好きな顔ふたりが揃っておる」
と1冊手にとって開けて見ると、銃を持ちSF的全身タイツを着たかっこいい男女たちが、
桑原和男、山田スミ子、花紀京、と吉本新喜劇の重鎮たちの名で呼ばれている場面が。
最強の男は岡八郎。

このセンス、気に入った!と借りてみることにしました。

なぜかわからないけど、サバイバルゲームのような世界に人間が放り込まれてしまって
その都度違う敵と本気で戦って、勝たないと生きて戻れない。というお話です。

きついのが、感情移入していたキャラクターがばっさりと殺されてしまうとこ。
10代の若者のようにみずみずしく動揺してしまう自分にびっくり。

怪我に苦痛は伴うのに時間がくるとリセットされる。
それもグロくポンポンと手が飛ぶ脚が飛ぶ。ぐっちゃぐっちゃと。
大量出血。
なのにゲームのようにリセットされて
何度でも呼ばれてたたかわされる。
毎日腸を喰われ続ける罰を受けるプロメテウス?地獄?

グログロはまあなんとかクリア。
青年誌的サービスショット満載でおばさんはちょっと食傷。巨乳ばっかりなのよ!
敵のなんとか星人の設定やらデザインが全くふざけているので
この作者に本気でついて行っていいのか途中考えたりもしつつ。
主人公のどこか投げやりないい加減な男の子の
驚くほどの精神の成長の描写がとってもきめ細やかで心地よい。

面白いのでどんどん借りて20数巻まで読んだんですけど、
ちゃんとオチ考えてくれてるんでしょうね?
と感ぐったりもして。
腑に落ちるオチがきれーいにないといやなんです私。
だから浦沢直樹あんまり好きじゃない。

なんとなく、主演は二宮くんというより山田孝之くんのがいいなと思いました。
二宮くんの顔は好きなんだけど、不屈の不死身のサバイバル主人公というかんじがしない。
山田くんなら手がとれても脚が溶けても、生き残ってくれそうな顔してる。
と思ってたら別の役で出演していました。
原作にない役だそうです。なんやそれ。この話にそんな役必要なんか?

それにしても、花紀京、山田スミ子という結構なページ数を割いていたギャグ、
青年誌読者の購読層は20代30代ではないのか?誰も知らないんじゃ。。
何割の彼らがすんなり笑えたのかな?
[PR]
by kokiti01 | 2010-09-22 16:29 | 読書 | Comments(0)

もやしもん

もやしもん(8) (イブニングKC)

石川 雅之 / 講談社




つかみどころのない漫画です。

主人公は菌が肉眼で見えるという特殊能力のある男の子なのですが
彼の特殊能力で冒険譚、という太いストーリーが展開されるわけではなく
男子大学生のバカバカな生態を描写しながら
農業大学のこと、発酵のこと、お酒業界のことを詳細に教えてくれる
ガイド漫画のような・・・
教授はじめ何歳かわからないおじいさんたちが、何かを企んでいるらしいミステリアスな展開もあるのですが。
あっちこっち寄り道をゆっくりゆっくり、
というか寄り道がメインのように膨らんでる匂いもして
オチが全く想像できません。
オチあるのかな?
どこに連れて行かれるかわからない旅をしているようです。
物語を読んでいてこういう旅はいいものです。

ガイドをしてくれるのが可愛い菌たちで
ボツリヌス菌やO-157が「かもして ころすぞ かもし ころす」
とか言ってるのさえ可愛いのです。

あまりに可愛いのでこんな本も買ってしまいました。
アマゾンで。

えほん もやしもん 「きんのオリゼー」 てをあらおう (えほんもやしもん きんのオリゼー)

いしかわ まさゆき / 講談社



えほん もやしもん 「きんのオリゼー」 いただきます (えほんもやしもん きんのオリゼー)

いしかわ まさゆき / 講談社



内容的にはちと不満でした。
「てをあらおう」
菌たちがちょこっと手についているだけなんです。
なので手を洗って、菌が洗い流される感が薄い。
漫画みたいにびっしりうようよ描いてたら
洗わなくっちゃーという気持ちになるのに。
菌が体の中に入ると中でこんなことになってこんな悪いことを・・・という説明もなく。

「いただきます」
身近な発酵食品に菌が働いてますよという本なのですが
カタログ的に紹介しているだけで
醤油ひとつ、ヨーグルトひとつくらい、
どういう過程でそのものになるのかという説明があってもいいのになー出来るだろうに。

幼児向けに、極限まで単純にしてしまったということでしょうか。
ちびは喜んでいるので、5歳児的にはこれでいいみたい。
でも5歳児にだって、医学的なこと、科学的なことも理解できるよ?

この漫画を読んでから、菌たちがいとおしく、パンやみかんについた緑のカビを見ても
お風呂のメジについた黒いカビをみても
「あ、かもされた」とほほ笑んでしまいます。

菌のことを勉強してみたくなって、図書館で本を借りたり。
新刊なのに予約数0の本ばっかりです。

そしてもっと納豆やお味噌汁を摂らなくちゃ
と思うようになりました。

なんと20年ぶりにぬか漬けなんか始めてしまいました。
弁当箱大の小さいタッパしかないので
かき回すたびにぼろぼろ糠が落ちていきます。
楽しいんだけどそれがストレスです。
[PR]
by kokiti01 | 2010-05-09 07:30 | 読書 | Comments(4)

めんたいディップ

f0037214_17142746.jpg


「きのう何食べた?」の1巻は図書館で借りたのですが
2巻が出たところで待ち切れずに買ってしまいました。
(図書館では何十人待ちになるため)

高カロリーが気になるけどエンドレスというメニューをさっそく作ってみました。
サワークリームというものを初めて買い、明太子をぐるぐる混ぜ混ぜ。

一口食べるとくわっ!!と強烈にビールが飲みたくなりました。
(そんなに飲めないのに)
本当にエンドレスで、私は真夜中ひとりでクラッカー15枚も食べてしまいました。
クラッカーと合わせるとカロリーだけでなく、塩分もかなり。。

不健康なものって美味しいなあ。

1巻より料理のページが増えてるような気がします。
2ページ延々と手元の描写だったり、とてもまんがとは思えません。


  • きのう何食べた? 2 (2) (モーニングKC)
  • よしなが ふみ / 講談社


あ、そうそう。
11月ノルマ2こめはまた途中です。
はじめたのは2週間くらい前なんですが。。
[PR]
by kokiti01 | 2008-11-30 17:19 | 読書 | Comments(6)

チェーザレ

チェーザレ 3―破壊の創造者 (3) (KCデラックス)
惣領 冬実 / / 講談社
ISBN : 4063722872
スコア選択:


惣領冬実って・・・・私が子供のころ、「りぼん」に恋愛ものを描いていた人よね?
歴史大作描いてるの?!びっくり。

More
[PR]
by kokiti01 | 2008-09-15 13:09 | 読書 | Comments(0)

きのう何食べた?

きのう何食べた? 1 (1) (モーニングKC)
よしなが ふみ / / 講談社
ISBN : 4063726487
スコア選択:




うちのだんなは太っています。

More
[PR]
by kokiti01 | 2008-07-08 12:11 | 読書 | Comments(4)

サクリファイス

寒いですけど、春が近づいてきました。
長年作ってみたかったティアードスカート、とってもはきたくなっています。
それもブーツで、コーデュロイで。
春になるっちゅうに。
コーデュロイ探してうろうろしていると、リバティのほしかった柄
タナローンを我慢して我慢して、売り切れるまで逃げ切っていた菊柄が出ていました。
ぐわー
輸入タナローン春物にもどつぼな水色があるし。
いずれもM4000円超。

花柄はずっと自分で禁止してきたんだけどな。。やっぱりうろうろしちゃ駄目よね。

リバティはどこでもあるようで、これという柄はすぐなくなって手に入らないんですよね。
また赤字転落の危機か。

More
[PR]
by kokiti01 | 2008-02-17 22:44 | 読書 | Comments(0)