たまうさぎ

eture.exblog.jp
ブログトップ

さようなら

たまが逝ってしまいました。
GW直前の4月27日午前9時45分に、1分間ほどばたばたっと暴れて
倒れてそのまま息をひきとりました。

9歳だったので、大往生に近かったかと思います。
覚悟はしていたし、たまが苦しんだ時間が短かったので、
私はほっとしたような気持ちでした。

翌日、火葬場にたまを持っていくと、とても綺麗な施設で、
きちんとした職員さんが迎えてくれて、
お焼香をするところもあって、最後のお別れの時間も設けてくれました。

いよいよ扉の向こうにたまが行ってしまう
というところで、死んだ瞬間よりたくさんたくさん、涙が落ちてしまいました。

死体でも側にいたら哀しくなかったというか。。


たまを飼い始めて2年くらい、手をかけすぎるほどちやほやして暮らしてました。
ちびが生まれてからは、とてもたまと遊ぶ時間なんかなくて
とにかくエサと掃除だけ、という状態が長く続きました。
ちびが自分の世界を持ち始めると、私はやっとたまのことを思い出した。
というかんじでした。

でも、自分の体調が悪くなるとまたほったらかしの日々。。

うさぎは、犬や猫のように人間の愛情をひっきりなしに求めたりはしません。
ハムスターほどじゃないけど、クールな動物です。
たまは特に神経質で、抱っこなんか絶対にさせませんでした。
でも頭をなでられるのが大好きでした。
そーっと手を近づけて、額をゆっくり撫でてやると、
後ろ足をたたんでちょこんと座ってじーっとしていました。
私はその時間が大好きでした。
もっとたくさん撫でたかった。

晩年の写真。美人。
f0037214_1319252.jpg

爪切りははがい締めで(すまぬ)
f0037214_13192993.jpg

ちびが初めて撫でることができた日
f0037214_13194389.jpg

床にぺたーっとなるのが好きでした
f0037214_132001.jpg

ふかふか

f0037214_13201419.jpg

[PR]
by kokiti01 | 2012-05-07 13:20 | その他 | Comments(0)